読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トビタテ生 アジア満腹ブログ

トビタテ4期生。大阪出身の東北大生/カンボジアの飲食店でインターン中(2016年10月~)ASEAN全部食べ歩きます。TOEIC920点。英検一級は落ちた\(^o^)/体重81㎏/身長183㎝。やる気も横幅もぶくぶく増量中。インターン中の日常を気取らずに書いてます。気分がいいと毎日更新。PCからならカテゴリー別に見れます。

「第31回」フィリピン留学一か月終えました!!どれだけ英語力が伸びたか詳細に書いてます。

ども、こんにちは、グラトンです。つい先日、四週間の語学留学を終えました。みなさんが気になるのは、どれだけ伸びたかってことだと思います。世間で人気のフィリピン留学の効果を実体験に照らして振り返ってみようと思います。

構成
1.この記事の目的
2.前提となる情報
3.客観的な証拠
4.正直な感想
5.これからフィリピン留学する人に向けて
6.まとめ

1.この記事の目的
 フィリピン留学に行けばペラペラになるはずだという幻想を打ち破るためです。そもそも僕はオーストラリアに一か月ほど大学一年の時にホームステイしたこともあり、短期間では何も変わらないことは気づいていました。そのあとATSUさんのyoutube動画を見て、単語学習に力を入れることにしました。英語力は日々の努力にかかっています。行けば絶大な効果が得られるという幻想・広告に惑わされないようにしましょう。二つ見れば日本での英語学習がんばれると思います!!とくに二つ目のラスト二分。

【留学で英語が伸びるは大間違い!】Pt. 1 語学留学編 TOEIC満点、英検1級、IELTS8.5、TOEFLiBT114取得 - YouTube

 

【留学で英語が伸びるは大間違い!】Pt. 2 正規留学編 - YouTube


ATSUさん大好き('ω')

2.前提となる情報
 上で書いたように、二年生夏過ぎから本格的に英語の勉強を開始しました。といっても毎日単語暗記に一時間割くだけだけですが。二か月後にはTOEIC初受験で885点とりました。浪人したので英語はできた方だけど、普通の国立大学生って感じ。一年の時のTOEFLitpなんて500点なかったし。フィリピンに行く二か月ほど前に英検一級を受けてあと3点ってとこで一次試験落ちました。くやしーーーー('ω')

詳しいことはこちらの記事へ

3.客観的な証拠

 僕はpines international academyというマニラから7時間ほどの山奥バギオというとこにあるスパルタ学校に通ってました。平日は外出禁止、毎日授業後は強制自習。遊びほうけると効果が分かりにくいと思ったので、スパルタにしました。50分×6コマのコースでした。全部マンツーマン。16時に終わってのんびりしてから19時からいちよ毎日夜1時ぐらいまで頑張ってました。まあその時間にブログもやってたので純粋に集中してたのは三時間ぐらい。宿題がだいたい2.5時間ぐらい(TOEFLwritingとlistening課題)と自分の単語帳30分ぐらいかな。readingの授業は先生に頼んでスピーキングのクラスにしてもらってました。readingは日本でもできるので時間の無駄だと思ったので。正直リスニングもスピーキングのクラスにしたかったが、レベルが高かったのと将来受けるかもしれない時のために備えて受けてました。

初日に受けたTOEFLモジュールと二週間後の結果を比較してみましょう。最終週に何故か受けれなかったので留学開始から二週間後の結果です。

f:id:tobitateeat:20160928225341p:plain

 見にくいので文字に起こしてみます笑

reading   17.7→ 21.6  
listening    18.6→17.7
speaking   14.75→18.12 
writing     9.9→15
total      60.95→72.42
各セクション25点満点×四つ=120点

体感的には80点近くとれると思ってたけどなー。やっぱ慣れてないのもあってかこんなもんか。海外トップ大学院行くなら110点は無いと厳しいところ。writingに関してはbody(intro. reason.conclusion)を意識するだけでだいぶ点数が伸びました。あとはタイピングの問題だな笑。

readingは完全に時間の使い方を自分で学んだため。特に学校のおかげという感じはしない。listeningは正直授業としてはいらないかな。普通に聞いて問題聞いて答え合わせするだけ。先生いなくてもできる。なので僕は音声聞いた後に答えをAとかBだけで答えるのではなく、i think the answer is letter B because the lecturer says ......というようにしていました。ただやっぱ一か月で伸びを実感することはなかった。点数が下がったのは苦手なトピックやったから。speakingは答え方教えてもらっただけ。話す内容・レベルにほぼ差異無し。
writingはかなり満足しています。毎日300字以上のエッセイを2題こなしていました(宿題)。メールで送って翌日添削したやつが送られてきます。授業中はすぐに新しい課題に入り、時間を無駄にすることは無かったです。授業でやることは、technoligy makes our life comfortableとかいう問題に対して、口頭でintroとreasonsを述べます。上の例なら「飛行機のおかげで旅行が楽になった」「離れていても電話できる」「よって快適comfortableだ」という三本柱を英語で頑張って説明します。そして自習時間中に、授業中口頭でうまく言えなかった表現とか単語を調べてエッセイを書きます。授業中に書かせるということはなかったので良かった。うむ、なかなか良かった。先生も少し厳しめで緊張感もって取り組めたので後半も同じ先生を指名しました('ω')

4.正直な感想
  ようするに、どれだけ喋れるようになったかって話っすよね。話す量は2倍になった気がします。留学前はim hungryだけだったけど、今はim hungry because i did not wake up early.. i had to skip breakfast!! 事実だけでなく理由が出てくるようになりました。これはとても大事なことだと思います。なぜなら何を言うにしても理由が無いと説得力がなくなるから。後はwhat brought you here?とか whats the purpose of studying englsih?など留学中によく聞かれる質問にはスラスラと答えられるようになりました。道聞いたりごはん頼んだり、旅行英語レベルなら大丈夫と胸を張れます。

昔なら、言おうかな、でも単語とか言い方わからんしまいっかってのが多々あったけど、今はとりあえずたくさんしゃべろうとすることに抵抗は無くなりました。これはすごくいい傾向だと思います。間違いを恐れているわけではないけど、なぜか言わなかったことをがんばっていうようになったことはとても自信になっています。

ただもちろんペラペラとはほど遠いです。実感するのは自分の使える単語が少ないということ。例えばカピパラの話になった時にげっ歯類(rodents)がでてこないorz。単語帳で覚えてたから見たらわかるけどっってのが多々あり。まあこれは仕方ないんだろうけど。徐々に慣れていくしかないもんなー。

5.これからフィリピン留学する人に向けて
  pinesのTOEFL listenig問題はかなり単語の難易度が高かったです。herbivore.harbinger.zenithとか普通にでてきます。TOEFLコース受ける方はこれぐらいの単語を知らないレベルだとちんぷんかんぷんだと思います。知らない単語聞いて問題解けるはずありません。できる限り単語帳は終えていきましょう。DUOだと少なすぎます。下のやつは頻出単語うまく出ています。授業中に、覚えたぞ!と思っていた単語が出たときに意味が出てこずくやしかったです|д゚)僕は1か月の留学中に自習課題としてこれを終わらせました。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

文法はforestとか一億人とかいろいろあるけどこれらのレベルは暗記・理解してないと厳しいと感じました。てか知らないと話にならないと思う。。TOEFL..レベルたけー。はるかに英検一級より難しい(´・ω・`)


まとめ
TOEFLを受けたことなかったのでその外観を知れたという点ではかなり満足しています。ただ日本でもほとんどのことができるand金かかりすぎる(週末友達と遊ぶのとかも含めてトータルで25万ぐらいか)。喋れるようになるのは自分がおぼえた単語だけです。それ以上は無理です( ;∀;)一か月ずっと英語勉強は正直しんどかったです。二か月以上は無理です僕には。日本で毎日2時間勉強の方がいいです笑。もちろん一年間英語勉強してきてその成果を今回の語学留学で実践し、過去に比べて成長は実感できているのでモチベーションは高まりました!これからの時間の使い方がとても重要になってくるのでこれからも頑張っていきます!('ω')