読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トビタテ生 アジア満腹ブログ

トビタテ4期生。大阪出身の東北大生/カンボジアの飲食店でインターン中(2016年10月~)ASEAN全部食べ歩きます。TOEIC920点。英検一級は落ちた\(^o^)/体重81㎏/身長183㎝。やる気も横幅もぶくぶく増量中。インターン中の日常を気取らずに書いてます。気分がいいと毎日更新。PCからならカテゴリー別に見れます。

「第37回」フィリピン留学前にしといてよかったと思ったこと

どもこんにちはグラトンです。フィリピン留学を終えて早二週間が過ぎました。今回はフィリピン留学前にしといてよかったことを書いていきます。これからフィリピン留学する人の役に立てれば幸いです(^◇^)

 1.単語帳

 これは本当にやっててよかったです。英検準1ぐらいの単語は暗記しとかないとTOEFLコースは厳しいと思います。僕はいちよTOEFL向けの単語帳を一冊終わらしていたので授業ででてきた単語が知らないということはほぼなかったです。speakingで出てこなくても先生に言われて理解できるレベルまでは持っていかないと時間の無駄だと思います。動物の循環の問題でfecesやdefecateを言いたかったのですがでてこずくやしい思いをしました。「What does it mean??」ばかり使ってると一時間の授業なんてすぐ終わります。効果的に過ごすのであればやはり目的とするテストの単語帳を一冊は終わらせておいた方がいいと思います。授業では宿題も出るので、知らない単語ばかりだとそれを復習する時間はほとんどないと思います。

2.発音
 これも自分でできるうちの一つ。[TH]とか[R]とか[L]はネットで検索すればすぐやり方でてくるし。大事なのは耳で覚えようとするのではなく、舌の動きを意識することやと思う。僕は第二外国語でとっていたロシア語の先生が音声学専門だったのでみっちり教えてもらいました。native speakerは感覚で喋ってるのでどうせ質問しても分かりません。こういう時はフィリピン人講師の方が知識豊富なので利用するのがいいと思う。けどdipthong(二重母音)とかconsnant(子音)とかvowle(母音)の単語の意味を覚える前に授業とっても効果が薄れるので留学前に下のビデオお見て練習しましょう。アメリカ人のレイチェルが丁寧に教えてくれます。字幕付きなので辞書で調べながら覚えていきましょう。

Sounds: How-To Videos - YouTube

グラトンはそれぞれの単語を発音できればひとまず十分と考えています。「わだじばあめりがじんでず」は意味が通じないけど、「わたーしは、あめりかーじんです」通じる。アクセントやピッチはすぐ身につかないのでひとまず、クリアーにそれぞれの単語を発音できればlistenerに迷惑がかからないはず。聞き取りにくい英語は話す気なくすとオーストラリア人の友達に言われて以来気を付けてます(´・ω・`)))))

 

kind of[カインドオブ]が[カインダ]になることを知らなくてもいいと思います。もちろんリスニングの際に必要になってきますがとりあえずは自分がしゃべれないと始まらないので。僕は[カインダ]と発音するより[カインドオブ]と発音する人の方が好きです。なぜなら、英語はアメリカ人のものだけじゃないから。グローバルな言語として存在する以上、書かれたとおりに読むほうが合理的。ちゃんと発音しろよまじで。何やねんwannaとか笑。want toとしっかり発音せんかいネイティブ!ちょっと感情的になりすぎました|д゚)リスニングが苦手なのでつい笑

3.文法
言うまでもなく大学受験レベルの知識はないとTOEIC800は超えない。四択問題を解きながら自分の不足している部分を見つけて、Forestとか一億人の英文法とかで確認すればいいと思う。discussって聞いたら、「そうそうaboutはだめなんだよな」ーってすぐいえるレベルでないと死ぬ。目標点にもよると思うけどチャピスでTOEFLコース受けるならTOEIC文法は9割取れないと厳しいかも。東北大生ならとりあえず下のやつ5週しながら受験時の記憶を呼び起せば十分。TOEFL ITP文法問題集もやれるならやった方がいい。 

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

 

 

全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策 ([テキスト])

全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策 ([テキスト])

 

 

4.目的を意識する
 何のために英語を勉強するのかは、授業中に何度も聞かれました。僕はカンボジアインターンする計画があったのと、純粋にペラペラだとかっこいいと思ったから。金髪の姉ちゃんとイチャイチャしたいっていう不純な理由でももちろんOK。そう言う人の方が勉強してて楽しいし!((⊂(`ω´∩)

5.留学に理想を抱き過ぎない
 フィリピン留学は基本的で長くても半年ぐらいだと思います。正直半年でペラペラになったらみんな苦労はしてません。アメリカに交換留学一年してもまだまだだと友達の多くが言っています。大事なことはフィリピン留学をモチベーションを保つためのツールだと思うこと。日本で単語たくさん覚えたしそれを使えるようになりたい!んで帰ってきてまた新しい単語覚えよーっていうのが理想やと思う。一年そこらでペラペラになるのは無理です。10年後の自分の姿を見据えましょう(自分にも言い聞かせ)。

 

まとめ
あくまでフィリピン留学は英語学習のきっかけでしかありません。英語学習の根幹(単語暗記・文法)は日本でもできます。モチベーションが下がったらフィリピンに行くかーぐらいでいいと思います。ただ、留学中はとっても楽しいし、たくさん友達もできます。fruitfulな留学にしましょう!

僕はATSUさんの影響を大きく受けてます('ω')