読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トビタテ生 アジア満腹ブログ

トビタテ4期生。大阪出身の東北大生/カンボジアの飲食店でインターン中(2016年10月~)ASEAN全部食べ歩きます。TOEIC920点。英検一級は落ちた\(^o^)/体重81㎏/身長183㎝。やる気も横幅もぶくぶく増量中。インターン中の日常を気取らずに書いてます。気分がいいと毎日更新。PCからならカテゴリー別に見れます。

「第46回」フィリピンってレシート長くね?ついでにトビタテの不満も長めにしてみた

ども、グラトンです。

フィリピンのコンビニとかスーパーに行くとほぼ必ずレシートもらえます。いちよグラトンはトビタテ奨学金だけで生活しているのでお金の収支には注意して、ちゃんとレシートを保管してます。まあ露店でご飯食うことが多いからスマホでメモ取るの忘れてるときもあるけど。

レシートなげぇ。
f:id:tobitateeat:20161020190935j:image

ちなみにスタバが最長。右からSMモール、ローソン、スタバ。一個しか買ってないのにこの長さよ。ペンを軽く超えてるぞ。
f:id:tobitateeat:20161020191006j:image

住所とか色々書いてくれてるから家計簿つけやすいけども。日記に挟んで毎回保存してるからこんなんなったわ笑。まだ半分も来てないのにパンパン\(^o^)/
f:id:tobitateeat:20161020191313j:image

お金と言えば、そうそう、 ぐちっていいですか?(^o^)僕のトビタテ申請は9月から来年の8月末までです。最初の1ヵ月は英語力を高めるためにフィリピン語学留学し、残りをカンボジアの飲食店でインターンする計画です。

ただ、書類提出の際にまだどこの語学学校に行くのは決まってなかったので(一年前から決めるのは難しい)、語学留学一ヶ月しますということだけ書いて提出しました。

ありがたいことに合格を頂き、パインスインターナショナルアカデミーで留学することも決まった。変更申請を出した。一ヶ月たってもまだ奨学金が振り込まれてないい!笑

どうやら、トビタテ本部の変更申請担当の人数が足りておらず作業が間に合ってないらしい。僕の友達やトビタテグループの人も変更申請受理されるのに時間がかかり、留学やインターンが開始しても振り込まれていない!(´;ω;`)ってなってるらしい。グラトンは語学学校の名前を新たに追加しただけで1ヶ月以上待ってます。大幅に変更せざるをえなかった人はどんだけ時間かかるんだろう。。大変なんだろうな社会人って。学生のグラトンが思う以上にいろいろな制約ありそう(´;ω;`)お疲れ様です(´;ω;`)

 

グラトンからの提案。

計画変更OKかどうか即断しよう

 確かに多くの企業様から貴重な資金を頂いているので、何としてでもその資金の使われ方を把握しとかないといけない、というのは理解できます。僕も貴重な奨学金を湯水の如くムダ使いする意図はもちろん全くありません。

僕の場合は、スウェーデンやアメリカへの交換留学をやめて、カンボジアインターンすることを決めました。もちろん母親には反対されています。ただその時の切り札としてうまく利用できたのがトビタテ奨学金です。母親にもトビタテの重要性がわかってもらえたみたいで、トビタテ奨学金だけでやりくりする/親から金銭的にヘルプは受けない、ということを約束にインターンの許可をもらいました。

もちろん語学留学とか飛行機代とかは、奨学金が入る前に払わないといけないので、バイトをたくさんして30万ほど貯金しました。牛丼屋の深夜バイトとレストラン掛け持ちしており、留学直前の睡眠時間は毎日2時間ぐらい。お金が無いという理由だけで、せっかくの一年間で出会うであろうチャンスを諦めたくなかったから。

でも、海外保険とか予防接種とか結構高いし、語学学校もデポジットとかあって表面的な値段よりも多くかかる。そんなこんなでカツカツだった。

でも頼みにしていたトビタテ奨学金が初月から入ってこない。クレジットカードの支払いもある。母親に懇願しました。ほんと情けなかった。自分で全部何とかするって言ったのに、一ヶ月目から親にお金借りるのかよ。

何も言わずにお金を口座に入れてくれた親には感謝しきれません。だからこそこの一年間で少しでも成長してやるぞっていう思いが強い。

でも現実問題としてお金がないことにはどうしようもない時がある。贅沢していなくても意外とすぐなくなる。

僕のトビタテ奨学金は月14万円。カンボジアインターン先の宿舎代として250$。毎月2週間ASEAN1カ国ずつまわって現地調査するので、飛行機台が往復で1万円。そこでの滞在費が1日10$×14日=140$。タクシーやバス等の交通費がざっくり1万円。食費は1回2$×6食(食べ歩きもインターン活動の一部のため6食)×14日+2ドル×3食×15日(カンボジア)=258$

現地でできた友達とかと映画行ったりご飯食べたりすると最低5ドルはかかる。フィリピンのマラティでは映画一回290ペソ(700円ぐらい)でした。週一回息抜きに遊ぶとして、月20$。

特に贅沢しているつもりなくても、これだけで748$。1万円=100$で計算しました。名刺を印刷したりアンケートの為の印刷代とか、話を聞くためのカフェ代、体調管理用のジム代、通訳の方を雇うこととか合わせるとあっちゅうまにギリギリに。

カンボジアだと自習室みたいなのが無いので勉強するところはカフェになる。クーラー付きで静かなところとなるとドリンク一杯300円ぐらい。日課の英語勉強のために毎日行くとそれだけで300円×30日で1万円近くになるし。ひえー\(^o^)/

 

何が言いたいかというと、トビタテ生はtight on money!!物価の安いアジアでさえこれ。アメリカとかスウェーデンとかの人が、トビタテだけでどうにかしようって考えてると1ヶ月の奨学金の振込のズレだけでも大きな痛手。

もちろん支給する際には、奨学金の使途は把握しなければならないのは当然。ただ、変更申請許可が降りるのに1ヶ月も2ヶ月もかかってると学生にとって貴重なタイミングを逃しかねない。海外でいろんな経験をしてほしい!というトビタテの趣旨と反しちゃう(´;ω;`)

多くのトビタテ生は何だかんだ真面目です。変なことに奨学金を使わないと思います。というか変なことに使っても良いと僕は思います。変なことっていうのは一見遊びほうけているだけに見えるようなことね笑。ドラッグとかはもちろんダメダメ。

例)交換留学中だけどホームシックにかかり学業に手がつかないトビタテ生。気晴らしのために毎晩クラブへ通う。そこで、一人の女性と出会って好きになった。英語頑張ろう/俺はできる男なんだってのを彼女にアピールしたい!と思うようになり、学校でも頑張れるようになった。

例)たまたまバーでお酒飲んでて知り合った人が面白そうなビジネスをしてたので、改めて次の日話し聞きに行ったらインターンとして受け入れてくれた。

真面目な姿を見せることだけが美徳みたいなのはあまり僕の好きではない傾向です。人間っていっけんくだらないようなことでも意外とちょっとずつ成長してます。カンボジアにいれば、トイレでウンコすることすら日本人にとってチャレンジだし。1日15時間ずっと本読むなんてほとんどの人ができません。自分ができることからコツコツ成長していけばいいんです。留学中の友達と飲むだけでいいんです。知らぬうちに彼らの文化を勉強できてます。コミュ力上がってます。語学力あがってます。勉強勉強で、せっかく海外にいるのに現地の友達の誘いを断ってるのはもったない。彼らがどんな週末の過ごし方をしてるのか、どんな話題がホットなのか。こんなのは参加してみないとわからない。こういう現地の人との交流にお金を出し惜しむような留学生活は僕はしたくない。

いろんな偶然を楽しめるかどうかの余裕は、金銭的な余裕も大きく影響していると思います。

計画変更する方が悪いってのは違うと思う。一年前から作ったインターン計画とかそもそも計画どおりに行くことなんてあるんかいな。そら無計画なのはまた意味が違うけど、計画バッチリそのまま実行できましたっ!てのはなんか面白くないぞ笑。インターン予定のインドの会社が急に無理って言ってきた。え、でもおれインド来たんやけど..こういう時に、提出書類と違いますね/はい変更申請出してください、は何か違う気がする。こういう時にこそ次のアクション起こせるかどうかが学生の成長にかかっているのにお金がなくて帰国なんてもったいなすぎる。こういう不安定な時にバーンっと、奨学金出してくれる体制が整ってたら最高じゃね?学生も、うっしゃーやってやるぜ!ってなるはず。それで結局1つも受け入れ先見つからなくても、インドで汗かきながら会社訪問をしたっていう経験は絶対何かしらの役に立つと思う。こういうのを学生に経験してほしいからトビタテ奨学金ができたのでは。

うじうじする前に行動せえって学生に言う割に、大人の方でモジモジしてたりする。貴重な協賛企業からのお金やから、こんな学生の変更を認めていいのかなー?って思ってるけどそれって実はいろんな人の意見を聞いたふりして自分の責任を軽くしようとしているのでは。どっしりと構えて、っしゃ認めたる/その代わり事後報告しっかりせえよ!楽しみにしとるぞ!ぐらいに即決断してくれる方が、学生も自信持てると思うんだけどなー。受給できるかどうか顔色うかがって、ビクビクしながら誰がインターンや留学で本領発揮できるのだろうか。本当にやりたいからトビタテ出したのに、それの足かせになるようなことしてたあきまへん。

めっちゃ長くなった笑\(^o^)/

とりあえずフランクに簡潔にいうと、トビタテ奨学金早く振り込んでくれ笑!\(^o^)/計画変更即断OK!\(^o^)/学生信じて!\(^o^)/

 

追記

トビタテ奨学金関係者様。本記事は、私と同じように金銭的に厳しい状況のトビタテ生の実情を知っていただき、これからのトビタテ生のスムーズな奨学金受給を目的としています。お忙しい中、本記事を読んでいただきありがとうございます。

I really appreciate the scholarship, Tobitate, because I could not have done anything without it.Thanks to your a lot of effort, this scholarship system have sent different students abroad. This article will hopefully change the current situation a little bit, and, next Tobitate students will get the financial help smoothly and quickly even after their original plans are changed. Again, thank you.

格好つけて英語でも書いてみた。