読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トビタテ生 アジア満腹ブログ

トビタテ4期生。大阪出身の東北大生/カンボジアの飲食店でインターン中(2016年10月~)ASEAN全部食べ歩きます。TOEIC920点。英検一級は落ちた\(^o^)/体重81㎏/身長183㎝。やる気も横幅もぶくぶく増量中。インターン中の日常を気取らずに書いてます。気分がいいと毎日更新。PCからならカテゴリー別に見れます。

「第76回」男の作法-池波正太郎を読んだ

どもこんにちは。グラトンです。
No automatic alt text available.

久しぶりに一冊読み終わりました。社会人なってから本を読む習慣がないと40-50歳になったときに知識にかなりの差が出ると言われたことがあったので今のうちにとりあえず何らかの本を読む習慣は続けたい。

日本にいる友達が電子書籍リーダーを買ったみたいです。kindleは携帯エクスペリアにダウンロードしてるけどあんまり使ってないなー。やっぱ本は紙で読みたいタイプかも。ただカンボジアにいると日本語の本を探すのはかなり困難なので電子書籍の方が便利な気がする。

まあ、今回はタイトルの通り「男の作法」池波正太郎著を読んだわけだけど、かなり気に入った笑。随筆よりもさらに柔らかい感じで書かれているからとても読みやすい。男はどうあるべきか、どうふるまうべきかってのが書かれている。

おおざっぱにまとめると、気取らず、他人を思いやれってことかな。変に知識をひけらかすのはよくないって書いてある。例えば、お寿司屋さんでご飯のことをシャリって呼んだり、お茶のことをあがりって言ったり。こういうのは本来店員同士の用語だから、客が知ってるよアピールすのはよくない、など。

確かに人間って学んだことは教えたがるよな。アウトプットの面では良いことなんやろうけど、それをどやああああああってやるのは違うってことか。まあそうやな。謙虚に生きろってのがこの本のテーマやと思う。

僕の父親もこういうタイプだったなー。毎日コツコツやれ、偉そうにするな、なんでも続けることが大切や、って言われ続けたな。今その重要性がわかるわ。

この本で一番賛同できたのは、ドアは引き戸の方が良いということ。都市部は土地が高いからpull-pushタイプのドアだと動線が限られちゃう。トイレも小さいんやから引き戸にすればいいのにと思う。やっぱ伝統っていいよなー。将来は木でできたぬくもりのある家を建てたい。

何を書いてるのかわからんくなってきたけど久しぶりに本を読み切ったので記事書いとく。かっこいい男になるかー( `ー´)ノ

あ、どうでもいい話やけど、フランス人女性と遊んでいた時に、紳士ぶって道路側危ないよって歩道側に招いたら、そんなの言われたの初めてって言われた。西欧人ってジェントルマンなイメージがあったからこういうのも当然しているのかと思ってた。ええやん、日本の気遣い( `ー´)ノ

あ、筋トレは続いてるよ笑。プロテインシェーカー的なの欲しかったからこれ買った。Image may contain: indoor
こういう小物買うと意外と3-5$するんだよなーカンボジア。ちなみにダイソーもあるんやけど、全部1.9$。日本の100均はマジ神。Image may contain: people standing and indoor
一年後の変化を見比べたいので写真撮る。てか、だいぶ日焼けしたな。
Image may contain: one or more people, people sitting and phone