読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トビタテ生 アジア満腹ブログ

トビタテ4期生。大阪出身の東北大生/カンボジアの飲食店でインターン中(2016年10月~)ASEAN全部食べ歩きます。TOEIC920点。英検一級は落ちた\(^o^)/体重81㎏/身長183㎝。やる気も横幅もぶくぶく増量中。インターン中の日常を気取らずに書いてます。気分がいいと毎日更新。PCからならカテゴリー別に見れます。

「第84回」カンボジア人とお掃除

ども、こんにちは。あけましておめでとうございます。昨年は大掃除とかすっかり忘れていたのでできませんでした。僕がインターンしているレストランもだいぶ汚れてきたので先日掃除しました。

前までは日本人スタッフが常駐していたんやけど、時期によってはカンボジア人スタッフしかいないことがある。僕も海外出張(?)によく行くのできちんと指示していないとサボります笑。

代表が二月に帰ってくるのでそれまでにピカピカにしようという作戦です。

そもそも日本でしか生活したこと無い人にとって、アジアの国の「きれい」という概念を理解するのは難しいと思います。僕も最初は戸惑いました。掃除しといてって言っても日本人からすればまだまだ汚い笑。掃除した本人は達成感で輝いた目をしてたけど( `ー´)ノ

僕はレストランではマネージャー的な立場です。カンボジア人スタッフをうまくコントロールする必要があります。まあ簡単に言えば僕は指示だけであとはコーヒーでも飲んでればええんですよ。

でも、それだとカンボジア人は不満が高まる。なぜかって?

カンボジア人って基本的にみんな優しいんだけど、プライドは実は結構高い。学校で体育の授業がないらしく、小さいころから徒競走で負けた、くやしい!みたいな経験がないらしい。負けたり、落ち込んだりする経験がないまま大人になるので、自分は何でもできると思いこんじゃってプライドだけ高くて何もできない人間が出来上がる笑。あとはチームで協力するっていうのも苦手な気がする。まあ体育の授業だけで性格が決まるとは思わないけど。

なので扱いが結構難しかったりする。ただでさえ、外国人よりも安い給料なのにコーヒーばっか飲んでる外人に指図されなあかんねん的な。見て無いとすぐさぼるし、注意しても、ここはカンボジアだからそんなに働かなくていいの、とかごまかされる。あとは、掃除してもどうせ汚れるんだから掃除しなくていいんだという指摘も受けました。ありがとうございます笑

僕は激務の牛丼チェーン店でバイトしてたから、彼らの気持ちはかなりわかる。これやっといてって言われてきちんとやったのに、ありがとうの言葉も無かったりする。社員の方は、バイトが働いてる時にゲームしてたりとよくあったし。のくせして、僕らが掃除終わりましたーと報告すると、こことこことここがまだ汚い(怒)と言われたり。なら自分でやれよって思ってた。

お金もらってるから掃除をきちんとしないといけないのはわかる。ただ、お疲れとか、ありがとう、とかの一言もないとやっぱモチベーションがあがらない。指示する人がさぼってるとやっぱバイトはやる気でない。社員さんがテキパキ動いてればこっちもやらないといけないなって気になるし。

今自分が指示する側になって、この気持ちは忘れたくないなと思った。カンボジア人にこれをしてって言うのは簡単。ほんで、彼らなりに一生懸命掃除してくれた後に、「まだ汚いからもう少しちゃんと掃除してください」っていうと、彼らはやっぱ不機嫌になる。ここはカンボジアやねんから、日本の概念を持ってくんなと。

だから僕は、ひとまず「お疲れ様。めっちゃきれいなったわ!(^^)」と言うようにしてる。そのあと、ここをもう少し丁寧にやればもっと完璧って伝えるようにしてる。やっぱり彼らも人間だから、褒められるとうれしいし、感謝の気持ちも無い人と働きたくないと思う。こういう考えができるようになったという点で牛丼屋のバイトやっててよかったなと思う。もうやりたくはないけど笑。

まあそんなこんなで、カンボジア人を動かすのに苦労しているわけであります。カンボジアの人って長期的に物事を考えるのが苦手らしく、すぐ仕事も辞めちゃう。日本は同じ会社で何十年もっていう考えが一昔前まで当たり前やった。こっちだと2.3か月でやめるのも珍しくない。きつく言うと、すぐ辞めますってなる。新しい人雇うのもコストかかるし、それならまあゆるくするわって結局日本人が折れる笑。カンボジア人からすればいろんな職種に経験があります!っていうアピールポイントらしいけど、日本の基準からすればやっぱり低いレベル。2.3か月で何も身につかないしね。継続は力なり( `ー´)ノ

別に日本の文化を彼らに強制するわけではないけど、やっぱり給料を払っている分ぐらいはきちんと働いてもらわないとこっちも困る。じゃあ日本人と同じぐらいの仕事のクオリティを求めるなら、単に給料を上げればいいのか。それだけではうまくいかないんだよなー。

やっぱ、月に150$稼げればええからのんびりやらせてくれって人と、きつくてもいいから250$欲しいって人は心意気が違う。牛丼屋の社員さんみたいに自分はサボってるのに、150$の人に掃除してって言って、まだ汚い、もっかいやり直し!っていったらどうなるんやろか。たぶん続かないよね。僕は休学することが決まってたからその資金をためるためにきつい深夜シフトをなんとか半年間やりとげた。そういう目標とかがないかぎり人間は続かないと思う。

でも僕のインターン先のレストランだとスタッフは普通の人だからいい給料をもらってるわけではない。そういう人たちをどうやって、動かせばいいんだろうってのが常に問題になってくる。

こっちの「忙しい」って、日本の「忙しさ」と全然違う。てんてこ舞いになる忙しさってなかなかない。牛丼チェーンみたいにスピードが一番!って雰囲気は一切ないし。ちょっとぐらい料理出てくるの遅くたって誰も怒らない。スーパーの店員とか、普通にお客さんが来ても喋ってるし、普通に携帯いじってるし。日本の飲食店で店員がお客さんの前で座って休憩とかありえないよな。ある意味ホワイトなのかな。何もしない代わりに、相手が何もしなくても怒らない土壌だわ。バイク同士事故っても、「ごめんね」って言ってバイク起こしてすぐ行くし笑。

 

ということでみずから先導して掃除に汗を流す。まずはここから。物置と化してるキッチンの上のたな。f:id:tobitateeat:20170111170116p:plain
やっぱ普段使わないところは汚い。。とりあえず全部テーブルに置く。いらないものは捨てる。掃除の基本。f:id:tobitateeat:20170111170044p:plain
荷物避けてこんな感じ。油汚れがひどい。日本人の感覚からしたらキッチン近くでこれってやばい!!ってなると思う。ただここはカンボジアです。死なない限りそれは「そこまで汚れていない」と見なされるのです。。f:id:tobitateeat:20170111170057p:plain長らく使ってないミキサーとかほこり被りまくってる。拭けば右側みたいにきれいにすぐなる。
f:id:tobitateeat:20170111165843p:plain
一時間ほど格闘してここまできれいにする。隅っこの汚れはとれなさ過ぎて諦めた。f:id:tobitateeat:20170111170020p:plain問題はこいつ笑。1年間たまった換気扇。f:id:tobitateeat:20170111170843p:plainカンボジアのローカルレストランって屋外で炭火焼だから、換気扇を洗うという概念がまずない( `ー´)ノとりあずして洗う。f:id:tobitateeat:20170111165940p:plain

意外とすんなりきれいになった。
f:id:tobitateeat:20170111165952p:plain
羽根が取れなかったので直接潜在つけて拭いた。白さがまぶしいが、壁の汚れが目立つ。。f:id:tobitateeat:20170111165926p:plain
手袋なかったのでビニール袋で応戦( `ー´)ノf:id:tobitateeat:20170111170033p:plain

とまあこういう感じで自分から掃除してました。それを見たスタッフがモップを出してきて床をきれいに掃除しだした!今まで、お客さんがいない時は自分で掃除するとこ決めてやってねと言ってたけど、やることはほとんどなかったのに笑。

うれしくなったので記念に記事にしました!

まとめ
人をうまく使うコツは、自分が先導して汗をかくこと!

おまけ
こういうペンキの塗り方が雑なところに怒るあなたはカンボジアで働くのは苦労するかも!?おおらかにのんびりいきましょう笑
f:id:tobitateeat:20170111165855p:plain